NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
デジカメ活用をメインに 写真全般の情報を提供しています
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
フジフィルム、感度400の新リバーサルフィルムを発売
リバーサルフィルムなら「フジの Velvia 50」と、多くの写真愛好家の方々から愛用されてきた旧ベルビアが、昨年12月で生産中止となりましたが、今度は感度400で粒状性・発色性が改善された「Provia 400X」が発売になりました。
続きを読む >>
| リバーサルで撮影する | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
RPダイレクトプリントの面種(印画紙)について
リバーサルフィルムからのプリントにはデジタルミニラボでプリントする「スーパーデジタルプリント」と リバーサル用の印画紙にプリントする「RPダイレクトプリント」と言うふた通りの方法があることは 既に説明したとおりです。

「スーパーデジタルプリント」の場合、印画紙は「紙ベース」の「光沢仕上げ(グロッシー)」しか選べませんが、「RPダイレクトプリント」の場合は、3種類の面種から選ぶことが出来ます。
続きを読む >>
| リバーサルで撮影する | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
フォトコンテストに応募する
最近のフォトコンテストでは、デジタル作品での応募を認めるものも増えてきましたが、総合ラボが後援している様なフォトコンテストでは、まだ フィルム撮影(ネガ・リバーサル)に限定しているものも多いようです。

全国レベルのフォトコンテストは、応募作品数が非常に多いので、なかなか入賞は難しいのですが、地域ローカルのコンテストの場合では、応募数が200点から500点ぐらいで、30点ぐらいの作品が選ばれることが多いので、結構 入賞しやすいといえます。
続きを読む >>
| リバーサルで撮影する | 10:56 | comments(0) | trackbacks(1) |
2つのプリント方法と、試し焼きプリントについて
リバーサルフィルムからのプリントには、「RPダイレクトプリント」と「スーパーデジタルプリント」の2種類ある事を説明しましたが、これらのプリントは、印画紙の仕様も、印画紙の現像プロセスも全く異なります。
続きを読む >>
| リバーサルで撮影する | 16:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
RPダイレクトプリントでプリント注文する方法
RPダイレクトプリントを自店でやっているプロラボに出向いてプリントする場合以外は、街の写真店にリバーサルフィルムを持ち込んでプリント注文をすることになります。

写真店では、そのフィルムを契約している総合ラボに送り そこでプリントが行われますので、仕上がりまで数日から1週間程度 必要となります。
続きを読む >>
| リバーサルで撮影する | 16:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
スーパーデジタルでプリント注文する方法
街の写真店でデジタルミニラボを導入しているお店なら「スーパーデジタルプリント(フジフィルムの呼び方)」でリバーサルフィルムからネガの印画紙にプリントしてくれます。

マウントかスリーブ状態のリバーサルフィルムを持っていき「デジタルプリントで ○○サイズを各1枚」と言えば注文できます。
続きを読む >>
| リバーサルで撮影する | 16:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
リバーサルフィルムからプリントする2通りの方法
リバーサルフィルムで撮影したフィルムからプリントする方法には 2通りあります。

ひとつは、リバーサル印画紙を使用してプリントするもので、フジフィルムでは これを「RPダイレクトプリント」と言っています。

もう一つの方法は、デジタルミニラボを使ってプリントする方法です。
続きを読む >>
| リバーサルで撮影する | 09:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
なぜリバーサルフィルムを使うの?
フィルムで撮影するとき、ほとんどの方はネガカラーフィルムを使用されています。

このネガフィルムは、フィルムに記録できる明部と暗部との差が非常に広いので(ラティチュードが広いという)露出が少々いい加減でも、フィルムには何らかの画情報が写っているので、写真店でプリントするときに明るさや色合いを修正して写真に仕上げることが出来ます。

旅先で「写ルンです」を買って写真を撮られた方も多いと思いますが、あれは露出が固定ですが、結構見られる写真が撮れますよね。 あれも中にネガカラーフィルムが入っています。

一方、リバーサルフィルムというのは 印刷原稿用の写真を撮る為にプロカメラマンが使ったり(最近はデジカメに替わりつつありますが)、多くの写真愛好家の皆さんが使っておられます。
続きを読む >>
| リバーサルで撮影する | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
リバーサルフィルムの現像(その2)
デジカメ活用情報館なのに いつの間にかリバーサルフィルムの話になってしまいましたが、折角ですので もう少し説明させて下さい。

リバーサルフィルムを現像に出すときには、現像だけ頼み、ネガフィルムのように同時プリントはしません。
  注:フジフィルムではビュープリントサービスというものがありますが、
    利用されている方は少ないようです。
続きを読む >>
| リバーサルで撮影する | 16:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
リバーサルフィルムの現像の出し方
リバーサルフィルムの現像は街の写真屋さんでは自店処理が出来ませんので、一般には写真屋さん経由で総合ラボに外注することになります。

普通 仕上がりは翌日とか、数日後になります。(写真屋さんで確認して下さい)

現像仕上げ方法には2通りあって、一つは「スリーブ仕上げ」、もう一つは「マウント仕上げ」です。
続きを読む >>
| リバーサルで撮影する | 14:22 | comments(0) | trackbacks(0) |