NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
デジカメ活用をメインに 写真全般の情報を提供しています
<< デジカメ価格の検索サイト | main | デジタル一眼レフカメラを買うには >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
1000万画素で撮る意味
JUGEMテーマ:写真

最近のコンパクトデジカメは凄いですね。 画素数は 600万、800万、更に1000万を越えるものまで出てきました。 で、皆さんは何百万画素の設定で撮っておられますか? 多分、工場出荷時の設定通りの最高画素数で使っておられる方々が多いのでしょうね。

因みに、私のデジタル一眼レフカメラは1000万画素機ですが、通常のスナップ写真は250万画素で撮っています。 何故かというと、以前 デジカメ写真教室のメールマガジンでも紹介しましたが、L判やKG判でプリントするなら1000万画素は全く必要がないからです。

1000万画素を必要とするのはワイド四切サイズとか、半切(ハンセツ)などの大伸ばしの時で、小さなサービスサイズのプリントの場合、プリンター自体が1000万画素を分離してプリントすることも出来ないし、もし 例え 出来たとしても、我々人間の目では分離して認識できないので、その様な高解像度で撮影する意味がないからなのです。

高解像度で撮影すると、画像のファイルサイズも大きくなって、PCで保管するにしてもHDDの容量を圧迫しますし、何と言ってもデータを転送するのにも時間がかかりますからね。

| 写真の話題 いろいろ | 17:17 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 17:17 | - | - |