NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
デジカメ活用をメインに 写真全般の情報を提供しています
<< 1000万画素で撮る意味 | main | デジイチガン(一眼)の出荷実績 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
デジタル一眼レフカメラを買うには
JUGEMテーマ:写真

デジタル一眼カメラが10万円を切って よく売れている。 どのメーカーの製品がお勧めかと聞かれるが、以前はキャノンのデジタル一眼レフカメラがシェアートップであったが、今 一番売れているメーカー製品はニコンのデジタル一眼レフカメラ

ミノルタはカメラ事業から撤退したが、技術者を含めてソニーに買収された。 なので、ミノルタファンなら、ソニーのデジタル一眼レフカメラをと言うことになる。

大概の人は、フィルム式の一眼レフカメラをお持ちだと思うが、もしカメラとセットで購入したときについていたレンズの他に、交換レンズを買っておられるなら、その交換レンズが使える同じメーカーのデジタル一眼レフカメラ(但し ミノルタの一眼レフの場合は ソニーのデジ一眼がターゲット)を購入した方が経済的である。 但し、10万円前後のボディ価格のデジ一眼の撮像素子はAPSサイズであるので、フィルム一眼の交換レンズをデジ一眼で使用すると、等価的に焦点距離が1.5倍程度になってしまうので注意が必要。

今 持っているレンズが300ミリなら、結果的に450ミリの超望遠レンズになって得するが、逆に24ミリの超広角レンズは36ミリの広角レンズになるので、広角系の場合は焦点距離の面では損をする。 詳しい説明は省くが、デジ一眼の撮像素子は、フィルムと違って その構造上 撮像素子に垂直方向に光が入ってこないと感度が落ちるので、その様な考慮が払われていないフィルム一眼用レンズを使用すると、画面の周辺で光量不足が発生することがある。 この問題は望遠系よりも広角系のレンズで顕著に出やすいと言う問題があるのと、上に述べた焦点距離の面で損をすることから、広角系のレンズはデジ一眼専用品を一本揃えた方が良いだろう。

キャノンのデジタル一眼レフカメラ

ニコンのデジタル一眼レフカメラ

ソニーのデジタル一眼レフカメラ

| デジカメ選び | 11:58 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 11:58 | - | - |